書籍紹介〜英語・子供向け〜(育児・早期教育)

Amazonの関連ページへリンクを作成しました。Amazon内の読者レビューも
参考になるかと思いますし,購入される場合も簡単です。


最終更新時間 2019/4/13 13:10:30

もどる 新着紹介


OUTの回数順で表示しています。サイト数は37です。

前のページ次のページ

ランク   タイトル コメント OUT 月計 OUT 累計 OUT
11
What Do People Do All Day?
Social Study という観点から、この本は子どもの世界を広げてくれます。自分の周り以外で、どんな人たちがどんなことをしているのかを、分かりやすいイラストで教えてくれます。自分が出す手紙も、病気になったときに行く病院も、電車での旅行も、新しくできた道路も、毎日食べているパンも、どこでどんな人たちが関わっているか、その恩恵にあずかっていることがどんなに有り難いことか、それが出来上がるまでの苦労を、子どもなりに「たいへんなんだなぁ」と推察することができる、すばらしい本だと思います。親子で一緒にお話しながら読みたい本のひとつです。 1 0 818
12
Stellaluna
この本はシアトルのコミュニティセンターのインストラクターが3〜4歳児を対象に 教材として使用されていた本です。コウモリが主人公のお話なので、興味深いと感じたのが第一印象です。鳥と共に暮らそうとするコウモリのステラルナですが、大きくなるにつれて鳥の生活が不自由になってきます。最後にはコウモリとして暮らすことが一番自然だと気付き、自分のお母さんの元へ帰ることができた、というお話です。テレビ(Rainbow Dream )でも紹介されていました。 1 0 695
13
The Polar Express
これは CD とカセットの両方がついた豪華版です。もちろん、あの「鈴」もついています。我が家は、サウンドトラックまで買ってしまいました。感動作品です。 1 0 617
14
Nate the Great Collected Stories
これは、探偵モノに興味を持ち出した息子が、最も気に入っているシリーズです(これはVOLUME1です)。ストーリーテープとして、十分に価値のある作品だと思います。ストーリーを聞きながら、Nate the Great が何を推理するのかワクワクします。友達とのやりとりも、コミカルで楽しいです。ゆっくりすぎないスピードなので、ストーリーに入り込めます。本はまだ読めないけれど、リスニングを先行して聞かせたいときに、親子で笑いながら聞けるところが気に入っています。 1 0 489
15
There's No Place Like Space
これはケネディ宇宙センターのショップで購入した本です。現在息子(5歳8ヶ月)が、何とか読めるレベルです。このシリーズは (Cat in the Hat's Learning Library)おもしろい内容が揃っています。 1 0 412
16
Little Miss Spider
コミュニティセンターでの読み聞かせの本の中で、とても印象的なイラストだったのがこの本です。いきいきとした絵と本の内容がとてもマッチしています。心が温かくなります。この本は「Parent & Child」というSCHOLASTICの出している雑誌のなかで、先生の選ぶ本トップ10(0〜3歳児)に選ばれています。(2003.6〜8月号より)コミュニティセンターでは、これでクモの足は何本あるか?と数えたりしていました。マスコット人形もあるので、かなり人気のキャラクターなのでしょうね。 1 0 400
17 かじだ、しゅつどう・英語版―Fire! We’re on the Way! 男の子なら一度は、山本忠敬さんの絵本を読んだことがあると思います。この本は、海外では買えない貴重な本です。日本語版を先に読んでおくと、親近感がよりいっそう湧くかもしれません。 0 0 761
18
Time for Kids World Atlas
通常の「Time for Kids Almanac」よりも大きいサイズで、読みやすそうです。息子も「これほし〜い!」と言うほど、惹かれていました。日本のことは「日本のティーンエージャーの67%は携帯を持っている」と紹介されていて、ガングロ?女子高生が載っていました。大人が読んでもおもしろそうです。 0 0 680
19
Chicka Chicka Boom Boom
アマゾンのレビューを見ていただくと内容が分かると思います。コミュニティセンターで読み聞かせをしてもらったときに、インストラクターの方がいちばん張り切って読んでいらっしゃったのがこの本で、そのリズムが後々まで耳に残っていました。ネイティブの子供たちはすでに知っている本で、「これ、好き!」と目を輝かせて聞き入っていました。それくらいオーソドックスな絵本なのだと思います。 0 0 561
20
Brain Quest Preschool
これは非常にメジャーなもので、レビューはアマゾンに数多く載っています。パンダのAmanda のものには、プラスチックの入れ物にDECK ONE とDECK TWO とが入っています。 300 Questions and Answers to Get a Smart Start : Ages 4-5 (Early Childhood)という副題が付いていますが、4歳の息子には一番小さい子向けのものからやっても良いと思いました。5W1H の質問ばかりで成り立っているので、この手の質問に慣れるには数多く取り組むのがいちばんだと思ったからです。アメリカの空港で、待ち時間のときに小学生の兄弟がこのシリーズを使って質問しあっていました。そういう使い方ができるのがこのシリーズの利点だと思います。 0 0 549

前のページ次のページ


From 姓名判断を極める and hair-cell.com
Ranking Link by The Room