2009年06月のケンちゃん学習日誌
第15回週例テストの結果(2009.06.23)

先週の結果は、

国語>理科>算数>>社会 となりました。

社会は、時間が足りなかったと言っていました。

社会が足を引っ張っています。

社会は最近こんな調子なので

もう少し時間を取る必要があるかも。



社会にかける時間は、

テキストの要点チェックと練習問題、

それとテスト当日の午前中にやる週例過去問くらいです。

過去問も、時には手をつけられないこともあります。

要点チェックと練習問題も、本人任せにしていると

手つかずだった、ということもよくあります。

こんな感じだから駄目なんでしょうね。



4科では、3月の好成績に次ぐ結果になりました。

理科は、自己申告では2問間違いだったのですが、

家で解き直しをして合っていたものが、テストでは間違って答えていたようでした。

理解がまだ完璧と言えないんでしょう。



算数は、計算ミスが減りつつあります。

テスト中に2度解くようにしているためです。

そのぶん、応用問題に手をつける時間がなくなるのですが、

計算ミスばかりで得点できるものも得点できていなかったときと比べれば、

マシな方です。

解き直しをしっかりとやって、再び時間を空けて解いてみる。

これを積み重ねていくことが課題です。



国語は、塾の宿題が消化できないまま時間が過ぎていっているので

とても不安です。

今回はたまたま良かったですが、

問題との相性以外の何者でもないと思います。



それと、記述!

最近の息子は、はじめから記述を書かない傾向にありました。

テストで1点でも多く得点しようという気持ちが

全く見えませんでした。

そこをすごく心配していたので、

今回は

「記述は家で解き直すときにやるから飛ばしていいよ。その代わり、

選択問題なんかはしっかり答えるようにね。」

と気をつけるポイントをフォーカスしてやると、

気持ちが楽になったのか、今回のような好結果となりました。



とにかく時間に比べて読む量が多く、

いきなり問題文を読むことからスタートする必要もあるかもしれません。

今は読むスピードを上げる練習をしていると思って、

あまりそこまでは言っていませんが。




この1ヶ月で、怒濤のように重要単元が来ていますので、

基礎を重点的にやることを心がけています。





Special thanks to 姓名判断を極める
build by phk-imgdiary Ver.1.22