地方都市で幼児教育 〜知能教育・早期教育を模索する〜
ーー時計の読み方の成長(息子の場合)ーー


時計の読み方の成長(息子の場合)
子どもの時計の読み方って、とてもゆっくりですよね。数の習得だけではなく、時間の概念などの成長と共に習得できるようになるみたいです。我が家の場合ですが、発達段階を、順を追って思い出しながら整理してみました。ちなみに、デジタル時計は置かず、アナログ時計のみです。アナログは、数字が読めるようになれば、読むことはできます。

1.「3じ」「12じ」などが言える。「○じ」というときは、短針が12を指すということに気づく。(3歳頃かな?)
→(私のこの頃の声かけ)「3時になったらおやつの時間だよ」「8時になったらお風呂に入ろうね」「8時になったらお父さんが出かけるから、8時になったら教えてね」と頼んでおく。(仕事に出かける時刻は、遅れられないため、子どもも時計を見る目つきが真剣だった)

2.「6時半」「4時半」などが言える。「○時半」というときは、長針が6を指す事を理解する。また、その時の短針は、数字と数字の間にあることに気づく。
→(この頃の私の声かけ)「10時半になったらお外に出るよ」(外遊びは子どもにとって重要なので、時計を自分でチェックする気になるらしい。時々親がわざと外遊びの時刻を忘れたふりをしていると、「もう10時半を過ぎてるよ!早く行こうよ。」とせかされた)

3.「2分は60秒を2回数える」ということが理解できる。
→(この頃の私の声かけ)「歯磨きは3分だから、60秒を3回数えるんだね」、「あと10分で外遊びはおしまい。60秒を10回数えたらね」

4.「○分」の中でも、5飛びの数を習得し、5分ごとの時刻を言える。
→この頃の私の声かけ)「あと5分で7時だね」「テレビを見る時間は残り15分ね」

5.「9時まであと1分」「7時を2分過ぎたところ」が言える。
→この頃の私の声かけ)「9時まであと1分しかないね。急いで支度しよう」

6. 「時刻」と「時間」の違いに興味を持つようになる。(5歳5ヶ月)
→(息子の質問)「どうして時刻表と言うの?時間表じゃないの?」

7.「秒」について興味を持つようになる。
→(息子の発言)「電子レンジで50秒チンしてね」「キッチンタイマーは何秒セットすればいいの?」

















早期教育バナー
↑ホームへもどる↑

ドングリ
その他のメニュー
☆チェック等
姓名判断
健康チェック
読書