書籍紹介-早期教育(絵本・図鑑)

Amazonの関連ページへリンクを作成しました。Amazon内の読者レビューも参考になるかと思いますし,購入される場合も簡単です。

最終更新時間 2021/7/20 20:42:13

もどる 新着紹介


OUTの回数順で表示しています。サイト数は34です。

次のページ

ランク   タイトル コメント OUT 月計 OUT 累計 OUT
1
エパミナンダス愛蔵版おはなしのろうそく (1)
これは、「5歳からでも間に合う英才教育」の本で紹介されていたものでした。遠い国の昔話を中心に集められた、ハガキサイズの本です。大人が子どもに「お話」をするための本で、単純に「おもしろい〜」と言える内容が揃っています。だからこそ、長く語り継がれてきたのだと思いました。 1 1 1127
2
音のでるえかきうた うたってかいてけせるえほん
絵描き歌を楽しむためのアイテムの一つに加わった、歌付き本です。水性ペンを使う、書いたら消せる、これが子どもを惹き付けました。鉛筆よりも楽に描けることで、子どもは何度もやりたがりました。うちの子は、新幹線とお船がお気に入りでした。 1 1 907
3
銀河鉄道の夜
宮沢賢治の名作に、藤城清治氏の影絵が加わった 非常に美しい作品です。この幻想的な挿絵に子どもは惹き付けられていました。まずは眺めるだけでも十分価値の高い作品だと思います。読んで理解できる年齢になっていなくても、まずは親子でこの影絵を眺めながら想像したことを話し合うことができます。 1 1 351
4
星座を見つけよう科学の本
この作者が「ひとまねこざる」を書いた人だと後で知りました。この絵本が、息子にとっては最初の星座の本でした。幼児には難しい話ですが、親子共々宝物のように眺めています。 1 1 335
5
決定版 心をそだてるはじめての伝記101人
伝記は、その人の一生を綴った本と思いがちですが、この本は、特に子ども向けにエピソードなどを厳選しているので、ポイントが明確になっているところがすばらしいと思います。だから読んだ後でも、「この人は何をした人なのか」が、子どもにも印象的に残るようです。字も大きく読みやすいので、子どもも絵本と同じ感覚で伝記を読み進めていけます。挿絵も豊富で、実際の本人の写真も掲載されていたり、実際に発明した写真まで見ることができるので、非常に興味深い本となっています。特に気に入っている点は、その人を一言で表すコメントが的を得ているところです。ガリレオ=ガリレイは「うちゅうの正しいすがたを見つけた科学者」、エジソンは「みんなのくらしを、たのしくべんりにした発明王」といった具合です。後ろのページには、年代順に取り上げた他の人物51人が載っています。ここは1ページにつき6人掲載されています。 1 1 316
6
日本・世界のおはなし101話―「おやすみなさい」のお話集
1冊の中に101ものお話が詰まった本です。海外へは自宅にあるすべての本を持ってこれませんでしたが、子どもには代表的なお話を読み聞かせしておきたい、ということで購入しました。ほとんどのお話が見開きページに収まっていて 寝る前に一つお話を、というときに ちょうど良い長さです。 1 0 1077
7
宇宙―そのひろがりをしろうかがくのほん
この絵本は 宇宙に興味のあるお子様なら、夢が膨らむ絵本になること請け合いです。太陽の寿命があとどれくらいなのか、そうすると地球はどうなってしまうのか?という地球の未来について子ども自身が考えることになると思います。これは絵本の世界でしか体験できない壮大な内容なので、何度も読んで頭に残っていく、という理解の仕方を息子はしているようです。 1 0 944
8
地下鉄のできるまでAAAAみるずかん・かんじるずかん―銀の本
この本を読んだ息子は、最初 輪切りに書かれた断層図を理解できませんでしたが、毎日のように眺めていると、次第に分かってきたようです。絵が豊富なので、地下鉄工事がいかに大変かを親も説明できます。何気なく乗っている地下鉄の有り難さを、親子で共感できる本です。 1 0 903
9
じめんのうえとじめんのした福音館のかがくのほん
これは、2,3歳のころに本棚に忍ばせておいた本ですが、じめんのうえとじめんのした両方をイメージするのに役立ったと思います。パッと見たときに「子どもの目にも全体像がとらえやすいイラスト」が気に入って購入しました。自分が立っている地面の下がどんなふうになっているか、身近なことをイラストで教えてくれる本です。息子はときどきパラパラめくっては眺めていました。自然のことに目を向ける、かがくの絵本 導入編といった役割を担ってくれたと思います。 1 0 570
10
光村ライブラリー全18巻セット
我が家はこれを結婚記念日のお祝いに購入しました。自分の子どもに見せる前に、親が読んでしまいました。主人がよく覚えていたのは「小さい白いにわとり」「太郎こおろぎ」「チックとタック」などでした。私は黒田三郎さんの「支度」という詩を懐かしく思いました。これを子どもに最初に見せるなんて、もったいなくてできません。でもそのうちに、一緒に読みたいと思います。 0 0 1274

次のページ


From 姓名判断を極める and hair-cell.com
Ranking Link by The Room